計測技術
計測技術
校正サービス
JA

さまざまなツール、基準、測定機器に対してマール社が提供する校正サービスは、長さの国家および国際基準にトレーサビリティがとれる信頼性の高いサービスです。 マール社の校正ラボでは、測定不確かさも最小限に抑えるために、立体空間を高く意識した測定方法を用いています。

マール社の測定ユニットは、非常に精密です。
最新の注意を払っても、ある程度の機械部品の摩耗や電気部品のふらつきは起こり、それが正確な測定に影響を及ぼし、仕様を満たしていない結果になります。

多くの品質保証システムで義務化されているように、マール社製品を定期的に校正することをおすすめします。 定期的に校正された測定機器を使えば、仕様を満たした正確さで測定することができます。

 

マール社は以下のものを提供します。

  • 全てのメーカーとブランドの測定機器に対して、DKDと工場での校正。

利点:  1つのサービスプロバイダーに連絡するのみなので、時間と管理コストの節約ができます。

  • マール社の校正サービスの短い返却期間と特定の測定に対する高速な校正。

利点:  測定デバイスはすぐに返却いたします。

  • ほとんどすべての寸法を測ることができます。
    • 長さ
    • 圧力
    • トルク
    • 電気的寸法
    • 気温

利点:  1つのサービスプロバイダーに連絡するのみなので、時間と管理コストの節約ができます。

  • 持ち運びができる機器での測定なので、簡単で便利に校正ができます。

利点: 時間の節約

 

校正室、認定 認証

現場またはその近くで測定装置や機器を、国家および国際的な基準の正式な認識校正証明書(例えば、DKDドイツ校正サービス)付きで校正することができます。
DKDは、欧州協力認定機構(EA)と国際試験所認定協力機構(ILAC)に調印しています。
国家および国際的な相互承認は、多国間協定の元に保証されます。