計測技術
計測技術
Industry 4.0の開発
JA
第一次産業革命では水力と蒸気機関車が発明され、人々は初めて多くの新しい種類の製品を手にすることができるようになりました。 第二次産業革命では電気が発明され、大量生産が可能になりました。  そして、第三次産業革命でコンピューターが開発され、製品の品質が飛躍的に良くなりました。 製造プロセスでネットワークやロボットを導入し、それにより進歩しました。 Industry 4.0は、抜本的に製品を製造・販売する方法を変更し、大規模な個別生産を可能にします。  情報は誰にでもアクセス可能になり、もはや特権ではなくなります。

デジタル化がすすみ、私たちの生活は変わりました。 インターネットや最新のテクノロジーが活用され、製造業に変化をもたらしました。  私たちは今、大きな変化を迎えようとしています。 Industry 4.0 の幕開けです。

 

Industry 4.0 – ネットワーク工場

第四次産業革命は、工場のコンベアーベルトの改良だけでなく、同様に工場の外の世界にも革命をもたらします。  生産全体のロジックが変更されます。 インテリジェントなマシン・製品・ストレージシステム・リソースが、ITを介して常に相互に接続されます。 そして、それは物流から生産・マーケティング・サービスまでの全工程に渡ります。

 

             Industry 4.0の5つの利点

インダストリー4.0は、まったく新しい生産システムと機械のビジョンです。 日々進化していく製品に対応します。 生産はより個別化され、フレキシブルで速いものになります。

第四産業革命により、現在の経済的・社会的課題は解決されるでしょう。

続き: