計測技術
計測技術
ポンプの測定
JA

ポンプメーカーが対応しなければならない部分は、効率性、摩擦、キャビテーションです。 ポンプ容量の減少、流れの中断、部品の摩耗は、キャビテーションによって引き起こされる可能性があります。 ポンプはエネルギー消費の大きな要因の一つなので、そのエネルギーの効率化は品質の評価において重要な因子であります。 ユーザーは、製品の寿命により使用しているポンプの品質を評価することができ、購入の意思決定時にそれを考慮します。

恒久的に高い生産品質を保つことは、フローの効率と同時に長寿命の部品作りにおいて必須です。 ポンプの構成部品の寿命を長くするためには、信頼性の高い、高品質な測定技術が必要です。

マール社は、テスト、開発、製造、サービスの各工程において、ポンプ部品の全体の品質保証のための完全なソリューションを幅広い製品群で提供しています。 マール社のメトロロジーを使用することにより、高品質で長寿命のポンプを作成することができます。


中心荷重ポンプの測定 (ロータリーシャフトの測定時)

  Precision
Gages

Hand Tools
MarShaft
SCOPE
Height
Measuring
Instrument

817 CLM
MarSurf
PS1
MarSurf
M 300
MarSurf
XR 1
XR 20
MarForm
MMQ 200
MarForm
MMQ 400
Measuring
Devices

 
Pneumatic
同軸度            
振れ/真円度          
粗さ              
直径            

長さ