計測技術
計測技術
ノズル本体
JA

燃焼エンジンのエネルギー効率を上げるためには、燃料を霧化する際に、最大2000バール(ディーゼル用)の燃料圧力を可能にするインジェクション・システムが必要となります。 インジェクターは直接この圧力にさらされます。 それゆえ、品質、精度、信頼性を確保するために、製造時におけるコンスタントなモニタリングが必要です。

燃料は、ノズルからシリンダの燃焼室に高圧で供給されます。 ノズルは、各シリンダーの燃焼サイクルに同期してニードルで開閉される非常に微細なポートを備えています。

ニードルとノズルとの間のガイドクリアランスの公差は、数マイクロメートルです。 これは、ノズルの形状(特にシールエリア)だけでなく、表面パラメータおよびフォーム公差を必要とします。 信頼性のある測定をするためにバルブ本体に内部センサを配置することは、測定の重要な課題です。

インジェクタシステムの構成要素の測定 (ノズルニードル測定時)

  MarForm
MMQ 400-2
MarForm
MFU 100
MarForm
MFU 110WP
MarForm
MMQ 100
MarSurf
XR 20 mit GD25
oder GD25 Plus
MarSurf
LD 130
UD 120
MarSurf
M400
Millimar
Pneumatic
metrology
Precimar
ULM 300
Precimar
PLM 600-2
粗さ        
平行度              
真直度          
真円度            

軸方向
および
半径方向の振れ

             
角度            
直径        
長さ