計測技術
計測技術
MarSurf LD 130 輪郭および表面測定ステーションの組み合わせ
JA
MarSurf LD 130 / LD 260。新しい寸法の手順
輪郭と粗さ測定を組み合わせて1つのステップにしたことにより、Mahr の最新技術が証明されました。MarSurf LD 130 および MarSurf LD 260 測定ステーションは、初代設備の経験を活用して系統的に開発されてきました。
  • 粗さと輪郭は1つのステップで行います
  • 高速測定と位置決めにより測定時間を大幅に短縮
  • 革新的なプローブシステムの取り外し
  • 磁気ブラケットによるプローブアームの同時検出でプローブアームを素早く正確に交換
  • 長い測定長さ: 最大 260 mm (MarSurf LD 260)、測定ストローク: 13 mm (100 mm プローブアームの長さ) または 26 mm (200 mm プローブアームの長さ)
  • メンテナンスが簡単なモジュール構成
  • メンテナンス時に測定スタンドを完全に取り外す必要はありません
  • 技術データ
  • 用途
  • アクセサリ
  • 発送

 
LD130-ST500CNC
6720821 - DRIVE UNIT LD130 SET
分解能
0.8 nm
0.8 nm
測定速度(テキスト)
0.02 mm/s ~ 10 mm/s;
粗さ測定の場合
0.1 mm/s ~ 0.5 mm/s 推奨
0.02 mm/s ~ 10 mm/s;
粗さ測定の場合
0.1 mm/s ~ 0.5 mm/s 推奨
位置決め速度(テキスト)
0.02 mm/s ~ 200 mm/s
0.02 mm/s ~ 200 mm/s
ラバース長の始点 (X)
0.1 mm
0.1 mm
ラバース長のエンド (X)
130 mm
130 mm
測定範囲

13 mm (100 mm probe arm)
26 mm (200 mm probe arm)

13 mm (100 mm probe arm)
26 mm (200 mm probe arm)

トラバース長(テキスト)
0.1 mm - 130 mm または 260 mm
0.1 mm - 130 mm または 260 mm
測定力 (N)
0.5 mN ~ 30 mN、ソフトエアで調整可能
0.5 mN ~ 30 mN、ソフトエアで調整可能

マシン構築
ローラーベアリング、スレッド、スレッド付きロッド、ボールネジ、ラック、ボールヘッド、弁

生産領域に近い測定
一部または完全自動プロセスによる輪郭および表面粗さ測定

自動車産業
エンジン部品には、シリンダーブロック、シリンダーヘッド、クランクシャフト、カムシャフト、バルブ、ステアリング、ギヤボックス、噴射システム、ターボチャージャなどがある

医療
腰または膝の人口器官の輪郭および表面粗さ測定、医療ネジの輪郭測定、歯科インプラントの輪郭測定

光装置
非球面レンズによる輪郭および表面粗さ測定

  • ST 750 測定スタンド
  • 平行万力
  • V ブロック、設備テーブル
  • 測定キャビネット
  • 広範囲のプローブアーム

ソフトウェアオプション:
  • プロファイル処理オプション
  • MarWin 用主な波形オプション (WDc)
  • ISO 13565-3 表面パラメータオプション
  • ユーザー定義のパラメータオプション(パラメータまたはアプリケーションエンジニアリングチームによる作業が必要)
  • トポグラフィーオプション (MarWin MarSurf XT のみ)
  • MarSurf XT オプションと MfM / MfM プラス
  • スレッド評価オプション
  • MarSurf LD 120 / MarWin 用ダブルスタイラスオプション
  • 面取り評価オプション(Bosch基準に準拠)
  • QS-STAT / QS-STAT Plus オプション
  • デジタル I/O セットオプション

  • MarSurf XCR 20 には、MidRange LD、MarSurf XCR 20 ソフトウェア、Mahr ライセンスキーが含まれています
  • TFT モニター
  • MCP 21 手動コントロールパネル
  • MarSurf LD 130 または LD 260 駆動ユニットは、LP D 14-10-2/60 LP D 14-10-500 プローブシステムとプローブアームを装備
  • 外径1用キャリブレーション基準、精度クラス1
  • MarSurf ST 500 CNC 測定スタンド、700 mm x 550 mm HG 花こう岩プレート、コントロールモジュール含む
  • 減衰要素セット
  • CT 300 XY テーブル

計測技術
MarSurf LD 130 輪郭および表面測定ステーションの組み合わせ
JA
MarSurf LD 130 / LD 260。新しい寸法の手順
輪郭と粗さ測定を組み合わせて1つのステップにしたことにより、Mahr の最新技術が証明されました。MarSurf LD 130 および MarSurf LD 260 測定ステーションは、初代設備の経験を活用して系統的に開発されてきました。
  • 粗さと輪郭は1つのステップで行います
  • 高速測定と位置決めにより測定時間を大幅に短縮
  • 革新的なプローブシステムの取り外し
  • 磁気ブラケットによるプローブアームの同時検出でプローブアームを素早く正確に交換
  • 長い測定長さ: 最大 260 mm (MarSurf LD 260)、測定ストローク: 13 mm (100 mm プローブアームの長さ) または 26 mm (200 mm プローブアームの長さ)
  • メンテナンスが簡単なモジュール構成
  • メンテナンス時に測定スタンドを完全に取り外す必要はありません
  • 技術データ
  • 用途
  • アクセサリ
  • 発送

分解能
0.8 nm
測定速度(テキスト)
0.02 mm/s ~ 10 mm/s;
粗さ測定の場合
0.1 mm/s ~ 0.5 mm/s 推奨
位置決め速度(テキスト)
0.02 mm/s ~ 200 mm/s
ラバース長の始点 (X)
0.1 mm
ラバース長のエンド (X)
130 mm
測定範囲

13 mm (100 mm probe arm)
26 mm (200 mm probe arm)

トラバース長(テキスト)
0.1 mm - 130 mm または 260 mm
測定力 (N)
0.5 mN ~ 30 mN、ソフトエアで調整可能

マシン構築
ローラーベアリング、スレッド、スレッド付きロッド、ボールネジ、ラック、ボールヘッド、弁

生産領域に近い測定
一部または完全自動プロセスによる輪郭および表面粗さ測定

自動車産業
エンジン部品には、シリンダーブロック、シリンダーヘッド、クランクシャフト、カムシャフト、バルブ、ステアリング、ギヤボックス、噴射システム、ターボチャージャなどがある

医療
腰または膝の人口器官の輪郭および表面粗さ測定、医療ネジの輪郭測定、歯科インプラントの輪郭測定

光装置
非球面レンズによる輪郭および表面粗さ測定

  • ST 750 測定スタンド
  • 平行万力
  • V ブロック、設備テーブル
  • 測定キャビネット
  • 広範囲のプローブアーム

ソフトウェアオプション:
  • プロファイル処理オプション
  • MarWin 用主な波形オプション (WDc)
  • ISO 13565-3 表面パラメータオプション
  • ユーザー定義のパラメータオプション(パラメータまたはアプリケーションエンジニアリングチームによる作業が必要)
  • トポグラフィーオプション (MarWin MarSurf XT のみ)
  • MarSurf XT オプションと MfM / MfM プラス
  • スレッド評価オプション
  • MarSurf LD 120 / MarWin 用ダブルスタイラスオプション
  • 面取り評価オプション(Bosch基準に準拠)
  • QS-STAT / QS-STAT Plus オプション
  • デジタル I/O セットオプション

  • MarSurf XCR 20 には、MidRange LD、MarSurf XCR 20 ソフトウェア、Mahr ライセンスキーが含まれています
  • TFT モニター
  • MCP 21 手動コントロールパネル
  • MarSurf LD 130 または LD 260 駆動ユニットは、LP D 14-10-2/60 LP D 14-10-500 プローブシステムとプローブアームを装備
  • 外径1用キャリブレーション基準、精度クラス1
  • MarSurf ST 500 CNC 測定スタンド、700 mm x 550 mm HG 花こう岩プレート、コントロールモジュール含む
  • 減衰要素セット
  • CT 300 XY テーブル