計測技術
計測技術
整流子
JA

 

整流子は、電気極性の反転をします。  反転スイッチとも呼ばれています。 パラメータの中には、最適な機能を維持するために特に重要なものがあります。 定義された表面粗さを遵守すれば、摩耗を最小限に抑えながら、整流子と接触ブラシとの距離を保てます。

ディスクセット全体の正確な真円度と振れ特性が重要なパラメータです。 セグメントの距離は、フォームテスターや特別な測定機器で測ることができます。 セグメントの距離が大きすぎると、カーボンブラシと整流子との間に火花が起こり、それによって摩耗が増えます。 そのためテストが必要です。 このことが結果的にエンジンの寿命に重大な影響を与えます。

 

 

MarForm
整流子分析

MarSolution
RPM

セグメントギャップ : セグメントセンターDCL: 最大/最小 半径 BTB

セグメントギャップ: 最大と半径のギャップ  
セグメントギャップ : セグメントの終わり – セグメントの始まり STS
適切な角度での真円度偏差  
真円度偏差
個々の真円度の平均値
 
トータル真円度偏差 (RONt)
半径振れ  
デルタからバー (DTB) とデルタから最大バー (DMB)  

真っ直ぐなデルタバー (DBR)

 
ローカルフォームデフォルト (EFL)  
直径コレクター